ニッチ

壁の厚みをどのように活用しているでしょうか。壁の厚みなど今まで気にも留めなかったという人も多いと思いますが、最近ではこの壁の厚みを無駄にしない家造りというのが積極的に取り入れられているのです。壁の厚みを利用して壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用させるのです。壁の厚みを利用するためスペースに影響しないというのが人気を高めている理由の一つです。広さに余裕がある場所に設けることができるのはもちろん、広さに限りのある場所でも気軽に設けることができるのです。

しかし、外壁面は断熱材が入るため設けることができなかったり、内壁面においても柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともあるのですが、有効に利用できる壁を無駄にせず上手に活用させたいものです。飾り棚のニッチは空間をパッと明るく、華やかに印象にしてくれるためインテリアを素敵にオシャレに仕上げてくれますし、収納スペースとしてのニッチは、その空間で必要な物をしっかりと収納でき収納不足の解消に役立てることができるのです。

例えば、廊下や階段などの通路は何もないと殺風景になりがちですし、飾り棚を設けると行き来の際に肩がぶつかったりして邪魔に感じてしまうことがあります。このような場合、ニッチの飾り棚を設けてお花や雑貨を飾れば空間を華やかにしてくれますし、行き来の際に邪魔に感じることもないのです。

また、トイレなど広さに限りのある空間でもトイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたいものがあります。壁厚を利用して、出し入れしやすい位置に収納スペースとしてのニッチを設けます。狭さや圧迫感を与えることなく収納スペースを確保できるのです。ニッチの前に扉を設けて中に収納している物をしっかりと隠しておくと生活感も与えません。壁の厚みを無駄にできないですね。

Comments are closed.

This entry was posted on 木曜日, 12月 21st, 2017 at 5:41 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.