サンルームのある家

我が家はリビングの先にサンルームを設けました。室内でもなく屋外でもない特別な空間は、いろいろなシーンで活躍しています。リビングとサンルームの境には大開口の窓を設けています。そのためカーテンや窓を開け、サンルームとの一体感を高めることでよりリビングに明るさや開放感がプラスされています。

サンルームをリビングの延長としてより利用しやすくするために段差なくフラットに行き来できるようにしました。段差がないことで歩き始めた小さな子どもから足腰の弱った高齢者の人まで安心して行き来ができるだけでなく、よりサンルームを身近な空間としてとらえることができるのです。サンルームでは室内では得られない開放感が得られます。自然光をたっぷりと採りこめることで明るく、前面や側面に設けられているパネル扉を開ければ、庭との一体感も味わせるのです。

このパネル扉は天候によって自由に開閉できるものを設けておけば、よりサンルームの利用の幅が広がります。天候のいい日は、庭で子ども達を遊ばせながらママ友とお茶をするにも最適ですし、ここで家族みんなで食事をするのもいつもとは違った時間が流れて心身ともにリラックスできます。庭の景観を楽しみながら、心地よい日差しや風を肌で感じアウトドアリビングを楽しめることで住宅への満足度も高まるのです。

我が家はここに洗濯物干場も完備しました。天候に左右されることなく衣類を干すことができるため毎日の家事を円滑に行えています。室内での過ごし方だけでなく、アウトドアリビングをいかに楽しむかということも家造りでは大切にしたいものですね。

Comments are closed.

This entry was posted on 金曜日, 8月 18th, 2017 at 8:50 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.