利用しやすい洗面室

Read full article | コメントは受け付けていません。

洗面室は家族みんなが多目的に利用します。手洗いやうがい、洗顔、ヘアメイクやヘアセットなどの身支度、入浴の前後、洗濯機を設置することから家事を行う場所でもあります。いろいろな目的が詰まっているこの空間は、間取りや広さをしっかり計画して設けましょう。

間取りに関しては、帰宅してリビングに向かうまでの動線上に洗面室があると、手洗い・うがいがスムーズに行えますし、子ども達が外で遊んで汚れて帰宅してもサッと汚れを落とすことができます。しかし、キッチンで家事を行いながら、洗面室で別の家事を行う機会も多いです。一体感のあるLDK、特にキッチンから洗面室への行き来のしやすさにも配慮しておく必要があります。洗面室を回遊型動線にして玄関からもキッチンやリビングからもスムーズに行き来ができるようにしておくといいと思います。

広さは1坪が一般的とされていましたが、最近では1坪以上の広々とした洗面室が設けられています。広さがあれば、3面鏡を2連づかいにした広い洗面台を設けることができます。大きな鏡張りに、ダブルボウルの洗面台があれば家族が2、3人並んで同時に身支度が行えるので朝のバタバタを解消できるでしょう。そして、多目的に利用されるこの空間には物で溢れてしまいやすいことも忘れてはいけません。物で溢れてしまうと一気に生活感を与えてしまうので、しっかりと収納スペースを確保しておく必要があります。

そこで壁一面を利用して壁面収納を設け、床から天井まで収納スペースとして利用させることで隙間を生まず、お掃除がしやすくなるだけでなく、収納力も高まります。シャンプーなどのストック、家族の下着やパジャマ、洗濯関連用品などここで必要な物をきちんと収められ、生活感を与えず家族みんなが利用しやすい空間を目指しましょう。

1ルーム2ドア

Read full article | コメントは受け付けていません。

子ども部屋は子どもの成長に合わせて自由にアレンジできる空間造りを行いたいものです。そこで最近では1ルーム2ドアの子ども部屋を採用する家庭が多いです。子どもが幼少期は個室を必要としません。そこで広々ワンルームの子ども部屋を設けておきます。そうすればおもちゃを広げてゆったりと遊ぶことができ、兄弟やお友達が来た時も重宝するのです。

しかし、将来的には二つの個室になることを想定して、出入りするドアや窓、照明にコンセント、そしてクローゼットは二部屋分設けておきます。中でもこのクローゼットを可動間仕切り収納にすることでその時々でぴったりの空間を造りやすくなります。子どもが小学校高学年にもなると、今までのように兄弟との時間を大事にしながらも、個人のプライベートな空間も欲しくなるものです。このような場合、可動間仕切り収納を半分だけ部屋の中央へと移動させます。そうすることで空間の繋がりを得ながらもプライベートスペースも手に入れることができるのです。

中学・高校生頃になると個室を必要とします。この時にはもう半分の可動間仕切り収納を移動させ空間をしっかりと区切り個室を設けます。壁を設けるよりもちょっとした変化に対応しやすいのでいいのではないでしょうか。そして、二部屋になることを想定して環境を整えておけば、個室に区切る際も大掛かりなリフォームを必要とせず、手軽に個室が手に入れられるのです。子どもが巣立っていけば再びワンルームへ戻し新たな活用法を取り入れることもできます。子ども部屋はこのようなスタイルがいいのではないでしょうか。

ニッチ

Read full article | コメントは受け付けていません。

壁の厚みをどのように活用しているでしょうか。壁の厚みなど今まで気にも留めなかったという人も多いと思いますが、最近ではこの壁の厚みを無駄にしない家造りというのが積極的に取り入れられているのです。壁の厚みを利用して壁を凹ませ飾り棚として利用したり、収納スペースとして利用させるのです。壁の厚みを利用するためスペースに影響しないというのが人気を高めている理由の一つです。広さに余裕がある場所に設けることができるのはもちろん、広さに限りのある場所でも気軽に設けることができるのです。

しかし、外壁面は断熱材が入るため設けることができなかったり、内壁面においても柱や筋交の影響で設ける位置やサイズが限られてしまうこともあるのですが、有効に利用できる壁を無駄にせず上手に活用させたいものです。飾り棚のニッチは空間をパッと明るく、華やかに印象にしてくれるためインテリアを素敵にオシャレに仕上げてくれますし、収納スペースとしてのニッチは、その空間で必要な物をしっかりと収納でき収納不足の解消に役立てることができるのです。

例えば、廊下や階段などの通路は何もないと殺風景になりがちですし、飾り棚を設けると行き来の際に肩がぶつかったりして邪魔に感じてしまうことがあります。このような場合、ニッチの飾り棚を設けてお花や雑貨を飾れば空間を華やかにしてくれますし、行き来の際に邪魔に感じることもないのです。

また、トイレなど広さに限りのある空間でもトイレットペーパーやサニタリー用品など収納しておきたいものがあります。壁厚を利用して、出し入れしやすい位置に収納スペースとしてのニッチを設けます。狭さや圧迫感を与えることなく収納スペースを確保できるのです。ニッチの前に扉を設けて中に収納している物をしっかりと隠しておくと生活感も与えません。壁の厚みを無駄にできないですね。

サンルームのある家

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家はリビングの先にサンルームを設けました。室内でもなく屋外でもない特別な空間は、いろいろなシーンで活躍しています。リビングとサンルームの境には大開口の窓を設けています。そのためカーテンや窓を開け、サンルームとの一体感を高めることでよりリビングに明るさや開放感がプラスされています。

サンルームをリビングの延長としてより利用しやすくするために段差なくフラットに行き来できるようにしました。段差がないことで歩き始めた小さな子どもから足腰の弱った高齢者の人まで安心して行き来ができるだけでなく、よりサンルームを身近な空間としてとらえることができるのです。サンルームでは室内では得られない開放感が得られます。自然光をたっぷりと採りこめることで明るく、前面や側面に設けられているパネル扉を開ければ、庭との一体感も味わせるのです。

このパネル扉は天候によって自由に開閉できるものを設けておけば、よりサンルームの利用の幅が広がります。天候のいい日は、庭で子ども達を遊ばせながらママ友とお茶をするにも最適ですし、ここで家族みんなで食事をするのもいつもとは違った時間が流れて心身ともにリラックスできます。庭の景観を楽しみながら、心地よい日差しや風を肌で感じアウトドアリビングを楽しめることで住宅への満足度も高まるのです。

我が家はここに洗濯物干場も完備しました。天候に左右されることなく衣類を干すことができるため毎日の家事を円滑に行えています。室内での過ごし方だけでなく、アウトドアリビングをいかに楽しむかということも家造りでは大切にしたいものですね。

家族の繋がりを大事にできる家

Read full article | コメントは受け付けていません。

家で過ごす時間は、個人の時間も大事にしたいのですが、一番は家族と過ごす時間を大事にしたいと我が家は考えました。そこでまず取り入れたのがリビング階段です。我が家のようにリビング内に階段を設ける家庭が最近は増えています。

リビング階段の魅力は、帰宅して家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の自室へ行くことができないため、リビングで家族が顔を合わせる機会が自然と作られることです。顔を合わせることで自然と会話も生まれやすくなりますし、会話がなくても親は子どもの表情を伺うことができることでちょっとした変化にも気づいてあげやすくなるのです。リビング階段は子どもの犯罪率を下げているということも聞いたことがあります。リビング階段だと子どもがいつ帰宅したか分からないということや、いつしか外出していたというような状況も避けられ、家族のコミュニケーションがうまくいくことで子どもの犯罪率も下げているのではないでしょうか。

そして、リビングの一部分に吹き抜けを取り入れました。吹き抜けを設けることで、家族が長時間過ごすリビングがより明るく、広々と開放感のある空間になります。快適性が高まりますし、オシャレな雰囲気が広がるのです。吹き抜けを設けることで一階と二階の一体感が高まり、家族がそれぞれ別々のフロアで過ごしていても吹き抜けを通して気配を身近に感じられ、それが安心感に繋がるのです。二階ホールはこの吹き抜けに面して設けられており、ここには6帖ほどのファミリースペースを設けています。一階だけでなく二階にも家族で集えるスペースがあるのでコミュニケーションを取る場を増やせています。家族の時間をいつまでも大切にできる住まいでありたいものです。

洗面脱衣所の照明

Read full article | コメントは受け付けていません。

住まいを新築する時、住まいのスペースには、いろいろな種類があります。玄関、廊下、階段などのように、動線としてだけ使うスペースもあれば、LDKやプライベートルームのように、家族が過ごすスペースもあります。また、トイレや洗面脱衣所やバスルームのように、それぞれが目的を持ったスペースというのもあります。

照明というのは、単に明るければよいというわけではなく、それぞれのスペースに合った明るさや光の色というのがあります。例えば、子ども部屋は集中力が増すように、白色か、青み帯びた色を選びますし、寝室は、心身をリラックスさせる暖色系の光を選びます。

私の友人が住まいの照明を選ぶ時、光の色や明るさを考えず、照明器具の種類や雰囲気を優先しました。日本人は、一般的に、スペースの中央付近に、全体を照らす照明を付けることが多いのですが、やはり、そのスペースの雰囲気や役目を考えて、選ぶことが大切だと知ったのは、実際に生活を始めてからです。

彼女の場合は、共働きですから、朝は戦場のように忙しいです。洗面脱衣所にある洗面化粧台で、化粧や身支度を済ませることが多いです。しかし、洗面化粧台で、化粧をすると、何だか、うまくいかないです。部屋全体の明るさという面では、十分なのですが、照明の明かりの色や位置が問題だったようです。

メイクをする時、自然光の下ですると、自然な仕上がりになりますが、はっきり見えた方が良いのではと、昼白色のシーリングライトを中央に設置しました。照明に背を向けていますから、顔が影になってしまいますので、洗面化粧台の壁面に、ブランケットライトをつければよかったと反省しました。後日、素敵なデザインのブランケットライトを設置してもらい、その明かりの色は温かみのある電球色を選びました。そのスペースで何をするかを考えて、照明を選ばなくてはいけないと思いました。

パートナー選び

Read full article | コメントは受け付けていません。

家造りはまず業者を選ばなければなりません。実はこのパートナー選びことが家造りを成功させるかどうかの鍵となるのです。希望に合った、または希望以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。しかし大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。その中から自分達に合った一社を選び出すのは容易なことではないのです。
まずは大手ハウスメーカーか地元の工務店かどちらが自分達のスタイルに適しているかを見極めてみて下さい。そうすることで業者選びが格段に進めやすくなります。

大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。そして、カタログやモデルハウスなど家造りのイメージを沸かせるための材料が豊富にそろっています。営業や設計、施工など各部門の人材がそれぞれに教育されているのでしっかりとしているという印象を抱く人が多いのです。このような魅力がある一方で、自社商品のみしか売ってくれなかったり、商品が規格化されているため自由にならない部分もあるのです。そして、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などのさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高めになってしまうのです。

一方、地元に密着している工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろんのこと、引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視してくれます。大量生産とは違う一品生産の家造りを行うことができるのも大きな魅力です。しかし、世間一般的には会社規模が小さいため不安視する人も多いです。洗練されたデザインや提案力に欠けていると感じる人もいます。まず大きな特徴を捉え、自分達にはどちらが適しているかを見分けることから始めてみるのもいいと思います。

長期優良住宅

Read full article | コメントは受け付けていません。

我が家の新築住宅は長期優良住宅にしました。この長期優良住宅とは、住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除却に伴う廃棄物の排出を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建て替えに係る費用の削減し、より豊かでより暮らしやすい住まいにすることを目的としているのです。

長期優良住宅と認定されるには7つの認定基準をクリアしなければなりません。まずは耐久性です。世代を超えて住み継がれるレベルの耐久性能が必要です。次に住戸面積です。良好な居住水準を確保するために必要な規模が必要です。そして維持管理・更新の容易性も求められます。メンテナンスやリフォームしやすい家にしなければならないのです。また、地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであることが必要です。そして省エネルギー性です。断熱性能など一定の省エネルギー性が確保されている必要性があります。そして大規模な地震に対して倒壊しにくい、またもしもの際も直しやすく、損傷が少なくて済む一定の耐震性が必要です。最後に、維持保全計画です。建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上です。図面仕様書等しっかりと保管しておく必要があるのです。

これら7つの認定基準を満たして初めて長期優良住宅と認められるのです。長期優良住宅は、家造りを財政面でもバックアップしてくれるため最近非常に人気となっています。高品質で高性能な住まいを長く大切に使い、ライフスタイルは財政面からバックアップしてくれるので無理なく家造りを進められるのです。これから家を建てる人は長期優良住宅にも注目してみてほしいと思います。

小上がりの和室にパソコンスペース

Read full article | コメントは受け付けていません。

私は家事や育児に奮闘する傍らで、パソコンを使い自宅で仕事を行っています。今まではパソコンで仕事をする場所はダイニングテーブルでした。しかし食事の度に片付けなくてはいけませんでしたし、食事をする場所と仕事をする場所が同じということにも抵抗を感じていました。またダイニングテーブルで仕事をしていると子どもが邪魔しに来ることも多く仕事への集中力にも欠けるのです。

そこで新築住宅には子どもへしっかりと目が行き届きながらもパソコンでの仕事が集中できるスペースが欲しいと要望しました。そこでリビングの延長上に設けた和室にこのパソコンスペースを設けてもらったのです。パソコンを長時間することもあるので正座では集中力が持ちません。そこでこの和室を小上がりにして高さを設けました。

この高さを活かしてカウンター下には足をゆったりと伸ばせるスペースを得ることができたのです。これなら長時間パソコンで仕事が行いやすいのです。普段はリビングと和室の境の建具はオープンにしています。私が和室で仕事をしていてもリビングで遊ぶ子ども達の様子がしっかり把握できます。いざという時には建具で仕切ってより仕事に集中できる環境を作ることもできるので便利です。

小上がりにしたことで洋風リビングと和室が違和感なく隣り合わせに並んでいますし、ちょっと腰を掛けるのに最適の和室にもなっています。また畳下のスペースを利用して収納スペースを設けています。リビングで必要な物と和室で必要な物どちらも収納できるので重宝しています。小上がりの和室に最高のパソコンスペースを設けることができました。

満足する家にするには

Read full article | コメントは受け付けていません。

住宅への不満の常に上位を占めていたのが収納の問題です。しかし家造りをする人みんなと言っていいほど収納への対策はとります。家造りをした友人達からのアドバイスで多いのが室内用の洗濯物干場を設けておくことと、コンセントをできるだけ多く設けておくことです。

まず室内用の洗濯物干し場です。洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに屋外に洗濯物を干せない日というのは意外と多いです。雨の日はもちろんですが、時期によっては花粉が多く飛散する日や化学物質が多く飛来する時など屋外に洗濯物を干すのに天候を感じる日は多いのです。このように悪条件の時でも洗濯物をしっかりと干せる環境を整えておくことで、毎日行う家事がスムーズに行えるのです。

我が家は階段を上がった二階ホールを利用して室内用の洗濯物干し場を設けました。天井から吊るすタイプなので使用しない時も空間に圧迫感を与えることはありません。また我が家の二階ホールは吹き抜けに面しているので、ここに洗濯物を干しても、一階で冷暖房を使用するとその風でしっかりと洗濯物が乾くのです。屋外用だけでなく室内用の洗濯物干し場もしっかりと設けておく必要があるのです。

そして次にコンセントです。コンセントは、後からここにもコンセントが欲しいと思っても容易に取り付けることができません。それだけにコンセントを設ける際には暮らしをイメージしながら、どこでどのような家電を使用するかしっかり考えましょう。コンセントの位置や数によってその住宅への満足度も変わってくるのです。不満が少なく満足度を高められる家にするには室内用の洗濯物干し場とコンセントに注目してほしいと思います。